院長日記

「あと腐れ」ないギックリ腰治療

腰に湿布を貼る女性

ぎっくり腰月間 年末年始はぎっくり腰の患者さんが頻繁に来院されます。 12月に入ってからは、ほとんど毎日ぎっくり腰治療をしています。 寒くなって身体が縮こまる上に、生活のリズムが乱れやすいからだと思います。 今日も昼頃に…

続きを見るarrow_forward

日本鍼灸と点灸

日本鍼灸とは? 現代の鍼灸界は、日本でも世界的にも中医学が盛んで、日本の伝統鍼灸は少数派となっています。 中医学とは、戦後の中国で西洋医学と湯液(漢方薬)の理論をベースにまとめられた近代的な中国医学の体系。「現代中医学」…

続きを見るarrow_forward

沢田健の太極治療

鍼灸真髄のカバー写真

鍼灸真髄 鍼灸真髄という本があります。 これは、昭和初期に活躍した鍼灸の名人、沢田健について書かれた本です。 鍼灸、特に日本の伝統鍼灸に興味ある人にとっては、けっこうおもしろい本だと思うので、以下に少し引用します。 脊椎…

続きを見るarrow_forward

秋の風邪とビタミンC

ビタミンCサプリメントの画像

秋は肺を病みやすい まだ少し残暑がありますが、季節はしっかり秋に入ってきましたね。秋は乾燥しやすく、のどや鼻などの粘膜を傷めやすい季節です。(今日は蒸し暑いですが・・) 喉や鼻が乾燥すると、ウイルスに入り込まれやすくなる…

続きを見るarrow_forward

足底筋膜炎の治療

足底筋膜炎のイメージ

足底筋膜炎 足底筋膜炎による踵(かかと)の痛み。 年に何度かそういう症状の方が来院しますが、ほとんどはふくらはぎ、アキレス腱、足の裏の筋肉を弛めれば治ります。 昨日いらした患者さんも、両足のかかとが痛くて床に足を着けなか…

続きを見るarrow_forward

夏バテ解消には熱を冷ます効果の高いスイカがおすすめ

スイカの画像3

からだにこもった熱を冷ますスイカ 今のような暑い季節は、身体に熱がこもってしまうことがあります。 症状としては夏バテのほか、のぼせやほてりとして感じられます。冷房の効いた部屋に長時間いると、汗腺が閉じて熱の発散がしにくい…

続きを見るarrow_forward

夏の冷えと下痢

かき氷の写真

鶏鳴下痢 今の時期は、腹痛のない(少ない)水様の下痢をする人が多くなります。特に、明け方や早朝に起こるこのような下痢を、東洋医学では『鶏鳴下痢(けいめいげり)』と呼んでいます。 鶏鳴下痢は、脾や腎の陽気不足から起こる症状…

続きを見るarrow_forward

夏の冷えに足湯

足湯

冷えやすい夏 冷たいものの飲食が増えがちで、冷房がきつくなるこれからの季節、特に女性は体調を崩しやすいので注意が必要です。 冷え性は、慢性的な栄養不足(特にタンパク不足)からくる代謝の低下が大きな要因ですが、自律神経の乱…

続きを見るarrow_forward

冷え性と栄養

手のひらに乗せた卵

冷え性に肉・卵 東洋医学系の治療家は、寒いのが苦手な冷え性の人に対して、『温かいものを食べなさい。身体を温めなさい。』と指導することが多いですが、僕はそれと同時に『肉や卵を積極的に食べること』を勧めています。 実際に、実…

続きを見るarrow_forward

「首」と低血糖症

首にお灸をする女性

低血糖症と首のコリ 肩こりで来院した女性の首を診て「歯ぎしりしてるな」と思いました。聞いてみたら案の定で、子供のころからだとのこと。 病院で血糖値が高いから痩せろと言われ、歯科では奥歯を抜くことを勧められているそうです。…

続きを見るarrow_forward