関節リウマチの鍼灸治療

手を洗う女性

関節リウマチ

関節リウマチとは、手や足の関節に慢性的な炎症が起こり、腫れて痛む病気です。病状が進行すると軟骨や骨の組織が破壊され、手足の関節に変形と機能障害が起こります。自覚症状として、手指など関節に腫れと痛みがあり、特に朝方に手の腫れぼったさやこわばりを感じます。進行すると症状は全身にひろがり、関節が変形して日常生活に支障をきたすようになります。そのほか全身症状として、疲労、脱力感、体重減少、食欲低下がみられることがあります。腫れたままの状態で放置しておくと関節が破壊され変形する恐れがあるため、なるべく早く治療を開始する必要があります。

免疫を抑える治療が一般的

関節リウマチは、西洋医学的には膠原病の一種に分類され、自己免疫疾患だとされています。膠原病とはコラーゲン繊維という身体を構成する繊維に炎症が起こり、壊れていく病気で、関節リウマチ以外にも様々な病態があります。この炎症は免疫細胞が自分自身の細胞を攻撃して起こるため、西洋医学では免疫を抑制するような治療が行われるのが一般的です。

関節リウマチは西洋医学の薬で効果が出る場合も少なくありませんが、外界から身体を守っている免疫力を抑制するため、ほかの病気にかかりやすくなるなどの副作用が心配されます。そのため、西洋医学の薬を使わずに東洋医学で何とかならないかと、鍼灸院を受診される方も多いのが実情です。

東洋医学的な見方と当院の治療方針

東洋医学ではこの病気を「関節に湿気や熱がたまって、気血の流れが滞った状態」だと考え、その滞りを取り除く治療をします。そして、そのような治療をすると関節の腫れや痛みが改善してきますが、残念ながら完治させるのは簡単ではありません。当院では当面の症状を軽減するために鍼灸で対処しながら、栄養療法的なアプローチを併用して効果をあげています。一時的な症状の緩和だけでなく、より根本的な体質改善のための治療を並行して行い、関節に余計な熱などがたまらない身体づくりをしていきます。変形などが起こる前の時期であれば、このような治療を半年から1年程度継続することで完全に治ることも十分に期待できます。

膠原病はタンパク不足によっておこる!?

分子栄養学を提唱した物理学者の三石巌先生によれば、膠原病は慢性的なタンパク質不足によっておこる病気だということです。タンパク質は身体を構成する基本要素なのですが、タンパク質不足の状態が長期間続くと、身体は何度も何度も古いタンパク質を再生し、体内でリサイクルします。その結果、ミクロレベルで不完全な形をしたタンパク質が形成され、免疫細胞が異物と認識して攻撃を始めることがあるそうです。このような仮説に従い、リウマチなど膠原病の患者に十分なタンパク質を与えたところ、病気が治った例が少なからずあります。

鍼灸と栄養療法の併用で改善例も

食事をしている夫婦

当院では元々、筋肉や関節を強くし、代謝を高めるために必要なものとして、十分なタンパク質摂取を勧めていました。数年前から三石先生の説に従い、リウマチの患者さんに高タンパク食を勧めたところ、顕著な改善がみられるようになりました。そこで、患者さんお一人お一人の生活習慣や胃腸の強さを考慮しながら、タンパク質を十分に摂る栄養療法を併用しています。意外に思われるかもしれませんが、この方法を使うようになってから早ければ治療開始後2~3か月で関節の腫れが消失し、それ以来良い状態を保っている方が何人もいます。

患者さんお一人お一人の状態によっても違ってきますが、症状を軽減することも完治させることも決して不可能とは言えませんので、リウマチに悩んでいる方は是非ご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから


尚、「今日すぐみてほしい」といったお急ぎのご要望は、
お電話でのお問い合わせがおすすめです。

タップして電話する

「料金など、来院する前に詳しく知りたい」という方はこちら

料金ページを見る