眠りを良くするツボ 失眠(しつみん)

- update更新日 : 2022年09月24日
folderツボ
失眠 ツボ

眠りを良くするツボ『失眠』

不眠 女性

足の裏、かかとの真ん中に、不眠治療によく使われる有名な『失眠』というツボがあります。

失眠 ツボ

昔ながらの方法では、米粒大によったもぐさを熱さを感じるまで何十壮とすえます。現代ではもう少しソフトな刺激法が好まれますが、のぼせを改善し気を下げるので、不眠に限らず深くよく眠れるようになります。

自分で刺激をする時もおすすめはお灸。熱さを感じにくい所なので、市販の台座灸の一番熱いものを使います。お灸をするときは、出来ればうつぶせで両足一度にすえます。2~3壮を目安に、熱さを感じなければ追加して下さい。

台座灸

もっと気軽に!ふくらはぎマッサージ

ふくらはぎを揉んだことはありますか?

ふくらはぎマッサージ イラスト

お灸は確かに気持ちがいいし効果もあるんですが、難点はちょっと面倒くさいこと。そこで手軽に不眠対策をするなら、ふくらはぎマッサージがおすすめ。

ここを揉みほぐすと、驚くほどよく眠れます。ふくらはぎを揉むときは、両手の親指を重ね合わせ、ゆっくり、深く。

ふくらはぎの外側、真ん中、内側の3つのラインを意識して、揉みます。

そして忘れちゃいけないのが足首とかかとまわりをほぐすこと。こわ張りやすいアキレス腱も、しっかりほぐしてくださいね。

ふくらはぎマッサージ ポイント

ふくらはぎマッサージは自分でもできますが、布団に寝転んで誰かに揉んでもらえると、寝落ちしてしまうほどの安眠効果があります。揉んであげる時には、気持ちの良い強さを心掛けて下さい。

【ニュースレター4月号 2022.4 『今月のツボ』『ふくらはぎマッサージ』より】