体質に合った健康法を選ぶ

野外でヨガをする女性

体質は様々で、ある人に有効な健康法が、他の人には深いダメージを与えることがあります。ですから、自分にあった健康法を選ぶことが大切ですが、虚・実・寒・熱という視点で自分の体質傾向を知っておけば、間違えることが少なくなるはずです。

やってはいけない健康法

例えば、虚の人が断食などの毒出しにハマると、虚がもっとひどくなる。でもこれ、実際にやってる人がとても多いんです。
 
不思議と虚弱な人ほど必死にデトックスしますが、栄養あるものをしっかり食べて体力をつけるのが先。
 
一方、実傾向の強い人なら、短期間の断食で心身ともにバランスがとれて、スッキリするかもしれません。
 
断食したり、排毒を促す食品や薬草を摂取したり、大量に汗をかくなどして調子が良くなるのは、基本的に実傾向の人たち。ただし彼らであっても、過度にやりすぎればいつの間にか虚弱体質になってしまうリスクをはらんでいます。
 
寒熱についていえば、寒傾向の強い人が「身体をあたためる健康法」を行えば、多かれ少なかれ効果を実感できます。
 
でも、熱傾向の強い人が「万病に効く!」などと聞いて、せっせと冷え取りや保温を行えば、熱が過剰になってしまい「熱性の不調」を引き起こすのです。

虚は使い過ぎに気を付け、実は適度に使う

大まかな方針として「虚・寒」の人は、身体を温め、気血を充実させ、体力を高める努力をするとよい。それには十分な栄養、睡眠や休息、体力見合った穏やかな運動の習慣を持つことなどが大切。運動は大切ですが、ハードなトレーニングには向きません。あまり無理をせず、自分を大切に扱うことで健康を保つことができます。
 
一方「実・熱」の人は、体力を過信して無理を続けたり、食べすぎ飲みすぎなどで過剰な熱源(糖質やアルコール)を摂り込まないようにします。また、実傾向が強いほど怠けたり自愛し過ぎるのは禁物で、自分のエネルギーを何かに向けて使っていた方が調子よく過ごせます。
 
趣味でも仕事でも家事でも育児でも、自分が好きなことに力を注ぎ、適度にエネルギーを消耗・発散することが望ましい。運動なども、わりとしっかりやっていいタイプです。元々エネルギーが充実して体力はあるので、適度に使っている方が滞りを作らず、心身を良い状態に保つことができるからです。
 
つまり、虚の人は体力が少ない傾向にあるので、日頃無理をしないように気を付ける。実の人は、適度に消耗・発散して体力が余らないよう心がけることが基本。健康法や養生法も、それを念頭に置いて選ぶようにすると良いでしょう。