大腸がんの手術痕に対する鍼灸治療 手術痕の鍼灸治療① 

手術

手術跡の鍼灸治療

怪我や内臓の病気で身体にメスが入り、縫った跡が硬くなってしまうことがあります。縫った後、怪我や手術の痕の組織は、瘢痕化しやすく、硬くなるので循環障害や機能障害を起こしやすいです。外科や整形外科では、病気や怪我に対する手術を行い、病巣を取り除いたり、骨折を治したりはしてくれますが、その後のケアは案外してくれません。ご本人が不調や不快感、痛みなどを訴えても、怪我や手術の傷そのものが治ったのであれば、医学的にやるべきことはないのでしょう。

実は、鍼灸でそういった傷跡を柔らかくして状態を良くすることができます。以下に、当院での症例をご紹介します。

大腸がんの手術痕

ある男性は、大腸がんになり、大腸の一部を摘出する手術を受けました。手術は成功したものの下腹部に大きな傷跡が残り、突っ張る感じ、しびれ、鈍痛、冷えなどの症状に悩まされてきました。ご来院されたとき、縫い痕はすでに治癒していましたが、傷が大きかったせいか傷跡が盛り上がった状態(瘢痕・はんこんと呼びます)になり、組織がとても硬くなっていました。このような状態では血液や体液の循環が悪くなり、冷えやしびれ、慢性痛を生じやすくなります。

傷跡が柔らかくなり痛みも解消

この患者さんには、硬くなった部分に細い鍼を数多く刺入し、同時にじっくりと温めるお灸を行いました。鍼灸の施術をすると組織の緊張がゆるみ、柔らかくなります。そして、血液循環が良くなるので、冷えや痛みが解消しました。3か月ほど毎週通っていただいたのですが、傷跡の硬さはほとんどなくなり、盛り上がっていた瘢痕もあまり目立たなくなりました。それまで感じていた冷えや痛み、しびれなどの症状も無くなり、体調が全般に良くなったとおっしゃっています。

手術跡が全身に与える影響

じつは身体の一部、特に腹部など中心的な場所に動きの悪いところがあると、その影響は全身に及びます。腹部の動作が制限されると姿勢が前かがみになり、肩がこりやすくなります。また、呼吸が浅くなるために全身に十分な酸素が行きわたらず、疲れやすくなったりします。

このような現象は、腹部の皮膚の重要性を考えると特に不思議ではないのですが、手術跡と全身的な不調の関係は、ふつう見逃されていることが多いです。きちんと傷跡のケアを行って程度柔軟な状態を取り戻せば、全身にあたえる悪影響も防ぐことができますから、痛みや違和感を放置せず、治療しておいた方が良いのです。手術跡の不快な症状にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。