藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

肩こり

日本人の多くに、慢性の持病として肩こりがあると言われています。現代では肉体労働が減り、ほとんどの人がデスクワークです。特にパソコンが普及してからは長時間同じ姿勢で画面をみながら作業する事が非常に多くなりました。 椅子に座...

続きを読む >>

腰痛

日本人の多くが、慢性的な腰痛に悩んでいると言われ、腰痛を一度も経験しことのない人は少ないかもしれません。腰痛は、突然起こるギックリ腰のような急性腰痛症から、繰り返し起こる、あるいは常に痛みのある慢性腰痛症まで様々あります...

続きを読む >>

五十肩

五十肩は、40代~60代までに起こる、肩から腕にかけての痛みと運動障害が主な症状です。それよりも若い世代、あるいは70代以上の高齢者には稀にしか起こらないと言われています。使いすぎによる疲労や、事故などが原因になることも...

続きを読む >>

関節リウマチ

関節リウマチとは、多くの関節に慢性的な炎症が起こり、腫れて痛む病気です。病状が進行すると軟骨や骨の組織が破壊され、手足の関節に変形と機能障害が起こります。自覚症状として、手指など関節に腫れと痛みがあり、特に朝方に手の腫れ...

続きを読む >>

ムチウチ症

ムチウチ症とは、交通事故などが原因となって起こる頚部のねんざのことです。首の痛みの他に、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気などの様々な不定愁訴が出ることがあります。また、整体やカイロプラクティック等...

続きを読む >>

痛風

痛風になると、足の親ゆびの付け根の関節が赤く腫れて痛みます。強い痛みが発作的に現れますが、たいていの場合、1週間から10日ほどで次第に治まってきて、しばらくすると症状がなくなります。ただし油断は禁物です。半年から1年たつ...

続きを読む >>

首の痛み

首の痛みの原因の中で、最も多いのが筋肉のこりからくる痛みです。そしてこの「首のこり」は、万病のもとだと言われています。首のこりが原因で、頭痛、うつ病、慢性疲労、胃腸不良、自律神経失調症・・・など、実に様々な症状が起こると...

続きを読む >>

耳鳴り

耳鳴りで悩む人は多いですが、一般に治療の難しい症状でもあります。難聴とともに現れることが多く、早期に治療して改善しないと慢性化する恐れがあります。その原因は様々ですが、特に慢性化した耳鳴りには決定的な治療法がないというの...

続きを読む >>

むくみ

むくみ(浮腫)とは、血液の中に含まれる水分が血管やリンパ管の外にしみだして、皮膚の下に溜まった状態です。顔と足に症状が出やすく、顔であれば朝、まぶたがはれぼったくなることでわかりますし、足は午後になると靴やブーツがきつく...

続きを読む >>

風邪

鍼灸で風邪の治療ができることをご存知ですか?風邪は、伝統的な鍼灸治療の効果が出やすい症状の一つです。最近は風邪をひくとすぐに薬を飲んだり、病院に行く方が多いですが、現代医学で風邪は治りません。現代医学の治療は症状を抑える...

続きを読む >>

冷え症

東洋医学では、「冷え」という症状を万病のもとだと考えています。身体が慢性的に冷えた状態になると、血流が悪くなり、老廃物がたまりやすい状態になります。この状態を長期間放置すると、細胞が老化、変性して、病の原因になります。ま...

続きを読む >>

胃腸障害

元気になるには、日常の食事で十分な栄養を摂ることが大切です。具体的には、肉、魚、卵、チーズといった、動物性食品をしっかり食べることをお勧めします。これは、人類が原始時代から続けてきたことであり、人間の食性にあった食事です...

続きを読む >>

主食について

日本人の主食は、米だと言われています。あるいは、パンや麺なども含めて、炭水化物を主食だとすることもあります。日本では昔からお米が食べられてきたと言われることも多いですが、その昔とはいつ頃でしょうか?実は、日本人全体がお米...

続きを読む >>

コレステロールについて

コレステロールを悪いものだと思っていませんか?コレステロールは脂質の一種で、とてもたいせつな栄養素です。コレステロールを気にして卵食べないとか、動物性の脂を控えている人もいるようですが、その必要はありません。ここでは、コ...

続きを読む >>

基本的な食事について

ここでは日常の食事について、何をどのくらい食べればいいのかをご説明します。人本来の食事は、肉や動物性の食品を中心とした雑食です。脂質タンパク質は必須栄養素で、日常的にたっぷり摂る必要があります。その他、ビタミンやミネラル...

続きを読む >>

頭痛

頭痛で悩んでいる人は、とても多いようです。頭痛は一般に、次のように分類されています。●明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる『1次性頭痛』●病気が原因であらわれる『2次性頭痛』慢性的に頭痛を経験しているほとんどの...

続きを読む >>

偏頭痛

偏頭痛でお悩みの方は、非常に多いです。頭の片側、あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つようにズキズキと痛むのが特徴です。症状は繰り返し起こり、ひとたび発作が起きると数時間から数日の間続きます。頭の片側に起...

続きを読む >>

緊張型頭痛

緊張型の頭痛は、コリや筋肉の緊張、過度なストレスが原因で起こります。無理な姿勢や、長時間のパソコン作業、精神的ストレスなどが重なると、肩や首のコリ、目の周りや頭部の緊張が生じます。それによって、頭部の血流が障害されて起こ...

続きを読む >>

慢性炎症

慢性炎症とは何でしょうか?そもそも『炎症』という現象は、身体が自信を修復したり、異物に対抗するために一時的に合われる現象です。ですから、炎症が『慢性化』するということは、何かおかしいと思って間違いありません。慢性炎症は、...

続きを読む >>

夜泣き

育児が大変な理由のひとつに、夜泣きが挙げられます。お子さんの夜泣きの多くは『母乳の栄養不足』と『過剰な緊張』が原因です。特に母乳の栄養不足は夜泣きだけにとどまらず、順調な身体の発育にも影響するので深刻な問題です。当院では...

続きを読む >>

認知症

認知症とは、いったん正常に発達した知能が後天的に低下する症状を言います。様々なタイプの認知症がありますが、アルツハイマー病脳血管型認知症レビー小体型認知症この3つのタイプが多く、3大認知症と呼ばれています。認知症で目立っ...

続きを読む >>

アルツハイマー病

認知症でいちばん多いのが、アルツハイマー病と、アルツハイマー型認知症です。これらの病態はほぼ同じですが、65歳以降に現れたものを『アルツハイマー型老年認知症』として区別しています。(以下、アルツハイマー病とまとめて表記し...

続きを読む >>

脳血管型認知症

アルツハイマー型の次に多い認知症が、脳血管型と呼ばれる認知症です。この病気は認知症全体の約30%を占めています。脳梗塞や脳溢血など、脳血管疾患によって脳の神経細胞が部分的に死んでしまうことで起こります。脳血管型認知症の症...

続きを読む >>

ピック病

ピック病は、脳の前頭葉や側頭葉が局所的に変性してしまう病気です。40代~50代の女性に発症することが多く、人格障害、行動障害、感情障害などの症状が現れます。脳の前頭前野が侵されると自己抑制できなくなるため、万引き、浪費、...

続きを読む >>

重症筋無力症

重症無力症は、自己免疫疾患だと言われています。神経と筋肉の接合部の、アセチルコリン受容体という部分に対する自己抗体ができてしまう病気です。神経菌接合部が自分の免疫によって壊されるため、神経伝達ができなくなり、筋肉を動かす...

続きを読む >>

ギランバレー症候群

ギランバレー症候群は、急性、またはそれに近い形で進行する運動器系の末梢神経障害です。多発性の運動神経障害で、主に運動麻痺をきたします。末梢神経の髄鞘が破壊されることにより、神経機能が障害される病気です。この病気は、発症す...

続きを読む >>

橈骨神経麻痺

橈骨神経麻痺とは、手の頭骨神経が骨折や圧迫などの物理的な要因により、障害を受けることで起こる症状です。具体的には、怪我などの外傷、骨折、睡眠中に圧迫する睡眠麻痺などが原因となる例が多いです。俗称として、ハネムーンシンドロ...

続きを読む >>

正中神経麻痺

正中神経麻痺という症状は、怪我などの外傷、圧迫や過度の締め付け、何らかの原因による神経の炎症が原因となって発生します。正中神経の障害は、敏感な知覚と細かで微妙な動きを要求される手の機能に大きなダメージを与えます。症状とし...

続きを読む >>

尺骨神経麻痺

腕神経そうと呼ばれる、腕に至る神経の中で一番大きいのが尺骨神経です。この尺骨神経を圧迫などで障害されるとが、尺骨神経麻痺の原因になります。怪我や骨折、何らかの原因で強く圧迫されて起こることが多い症状です。尺骨神経麻痺にな...

続きを読む >>

腓骨神経麻痺

腓骨神経麻痺は、足の神経麻痺の中では最も高頻度に見られる症状です。腓骨神経は、腓骨頭という骨に接して走行するため、圧迫を受ける機会が多いからです。特に、手術中の麻酔科での圧迫、ギブスやけん引架台による圧迫など、医源性に引...

続きを読む >>

ベル麻痺(末梢性顔面神経麻痺)

末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺)は、通常顔面の片側だけに起こります。顔面神経管という骨の中の神経の通り道がありますが、その中で神経が圧迫されることが原因だといわれています。この症状を誘発するものとして、ストレス、過労、片側...

続きを読む >>

ラムゼーハント症候群

ラムゼーハント症候群は、顔面神経麻痺の一種です。顔面神経麻痺のうち、約8割がベル麻痺であり、残りがラムゼーハント症候群と言われています。この病気は、水痘・帯状ヘルペスウイルスが顔面神経に感染しておこります。症状としては、...

続きを読む >>

三叉神経痛

三叉神経痛神経痛とは、圧迫、炎症、外傷などによって、神経が刺激されて、その神経の支配領域に痛みが生じることです。三叉神経痛は、三叉神経の支配領域にあらわれる突発性の激しい痛みです。これは、40代以降、特に50~60代の女...

続きを読む >>

後頭神経痛

後頭神経痛とは、神経の圧迫によって口頭部、耳の後ろの頭皮に起こるピリピリとした痛みです。この痛みは、大後頭神経という神経の走行に沿って起こります。首の運動や、くしゃみ、咳、髪をとかすなどの行為で痛みが誘発され、痛む場所が...

続きを読む >>

肋間神経痛

肋間神経痛は、肋骨に沿って起こる神経痛です。肋間神経という神経がありますが、その神経が何らかの原因で刺激されて、肋骨に沿って帯状の痛みを生じます。30代~40代以降に多い症状です。原因としては、帯状疱疹、腫瘍、ヘルニアな...

続きを読む >>

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、坐骨神経を圧迫されることが原因で、足から腰、背中にかけて起こる痛みやしびれが生じます。約80パーセントが腰椎椎間板ヘルニアが原因だといわれています。椎間板は、腰の骨と骨の間にあるクッションです。これは、ゲル...

続きを読む >>

捻挫(ねんざ)

捻挫とは捻挫とは、足首などの間接に外部から圧力が加わり、正常な可動域を超えて伸ばされたりしたときに生じる、関節胞や靭帯の軽度の損傷のことです。通常、骨や軟骨に損傷のない状態です。捻挫は日常生活でも頻繁に見られ、特にスポー...

続きを読む >>

過食症

近年、過食症などの摂食障害に悩む人方が増えています。過食症は、食べても食べても満足できず、お腹がいっぱいで苦しくても食べてしまう症状です。食べてしまうことに強い罪悪感を覚え、吐いてはまた食べる『食べ吐き』を繰り返す方もい...

続きを読む >>

熱が出たときは

風邪をひいて発熱した時、どのように対処していますか?たかが風邪、されど風邪、、ご本人にとっては結構つらいものです。多くの方が、市販の風邪薬を飲んだり、病院で解熱剤や抗生物質をもらったししていますよね。でも、風邪による発熱...

続きを読む >>

治りやすい頭痛

頭痛の患者さんは多いようで、しょっちゅういらっしゃいます。当院では頭痛の改善例が非常に多いです。それというのも、多くの頭痛は筋肉の緊張や、血液循環の不良から起こっているからです。すべてがそういうタイプの頭痛ではありません...

続きを読む >>

産後の頭痛 ~頭痛の鍼灸治療 施術例① ~

頭痛の治療施術例①30代女性この方は出産後、後頭部に頭痛が起こるようになりました。症状はだんだんひどくなり、一か月のうち半分以上は頭が痛くて何もできないような状態で来院されました。当院に来院するまであちこちの病院を受診し...

続きを読む >>

 緊張型頭痛の治療 ~頭痛の鍼灸治療 施術例②~

緊張型頭痛の治癒例をご紹介します。この患者さんは、10年来の慢性頭痛に悩んでいまいした。40代後半、働き盛りの男性で、ほぼ毎日、頭を締め付けられるような痛みに悩まされてきたそうです。来院した時は、とても疲れ切ったご様子で...

続きを読む >>

痛風の治療

痛風の治療痛風発作に対する施術例①痛風は、風が吹いても痛いと言われれ非常な痛み伴う症状ですが、高尿酸血症という尿酸値が高い状態がもとにあります。尿酸の結晶が関節などにできると、それが組織を刺激をして腫れあがります。今回は...

続きを読む >>

ムチウチ症の治療 施術例①

ムチウチ症とはムチウチ症とは、交通事故などが原因となって起こる頚部のねんざのことです。首の痛みの他に、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気などの様々な症状が現れることがあります。鍼灸はムチウチ症に対し...

続きを読む >>

冷房による背中の痛みの施術例

冷房による背中の痛みある事務職の男性の例です。この方は、左の肩甲骨から肩、手にかけての強い痛みとしびれを訴えて来院しました。夏の間、事務室の席が冷房の風の直接当たるところだったことが原因じゃないかと話していました。来院し...

続きを読む >>

大人の喘息の施術例

大人の喘息息ができなくなる喘息は、とても苦しい病気です。喘息の発作の苦しさを鍼灸で緩和することができますので、施術例をご紹介します。ある40代の男性は、幼少のころから小児喘息を患っていました。喘息発作は大人になるとほとん...

続きを読む >>

首の痛みの鍼灸治療

寝ちがい、ぎっくり首、急性の首の痛みの治療例30代男性の症例です。5日ほど前から首が痛くなり、すぐに治るかと思っていたらだんだん悪化してきたという男性がいました。酷く痛むので病院に行きましたが、レントゲンで骨には以上あり...

続きを読む >>

貧血による冷え・めまいの治療例

30代女性の症例です。3人のお子さんを育児中のお母さんですが、冷え症、体力低下、慢性疲労、めまいなどの症状に悩まされていいました。初めて来院した時は疲れ果てたご様子でしたが、鍼とお灸で全身をほぐし、血流をよくする施術をし...

続きを読む >>

手術痕の鍼灸治療① 大腸がんの手術痕に対する症例

手術痕の鍼灸治療怪我や内臓の病気で身体にメスが入り、縫った跡が硬くなってしまうことがあります。縫った後、怪我や手術の痕の組織は、瘢痕化しやすく、硬くなるので循環障害や機能障害を起こしやすいです。外科や整形外科では、病気や...

続きを読む >>

手術痕の鍼灸治療② 股関節の手術痕の改善例

手術痕の鍼灸治療症例②鍼灸では、固くなった手術痕を柔らかくすることや、手術部位に残る痛みや違和感の改善に効果があります。ある女性は病院で股関節の手術を受けましたが、大殿筋を切断するような大手術であったため、術後に強い痛み...

続きを読む >>

便秘の鍼灸治療

便秘の鍼灸治療慢性的な便秘で悩む人は少なくありません。2~3日に一回程度の便秘はまだ軽い方で、月に数回しか排便が無いという重度の便秘症の人もいます。一般的には、特に不快な症状を伴わなければ問題ないとも言われていますが、腸...

続きを読む >>

当院の不妊症治療 鍼灸と食事による取り組み

鍼灸は一般的に、不妊症に効果があると言われています。これは本当で、当院でも40を過ぎて子供をあきらめていたような方がご懐妊されたようなケースもあります。鍼灸の不妊症に対する効果は、骨盤腔内の血流改善にあると考えています。...

続きを読む >>

疲れ目の鍼灸治療

鍼灸は、疲れ目や眼精疲労によく効きます。パソコンなどで目を酷使すると、目とその周囲の筋肉などに慢性的な疲労がたまり、筋肉が緊張し、血液循環が悪くなることで起こります。晴明、攅竹、太陽、四白など、疲れ目に効果のあるツボを有...

続きを読む >>

3つのタイプの肩こり

肩こりの鍼灸治療鍼灸院には肩こりで来院する方が多いですが、肩こりと言ってもいろいろなタイプがあります。肩こりは基本的に、肩に力が入った状態を長時間続けることで起こります。体質によってその状態が異なるので、治療法や対処方法...

続きを読む >>

円形脱毛症の鍼灸治療

円形脱毛症の鍼灸治療は効果があります。基本的には局所(症状の出ているところ)に鍼をした後、さらにお灸をすえます。鍼の刺し方やお灸のすえ方は、その方の体質に合わせて加減しますが、基本的にはこれだけで頭皮の血流が改善して、し...

続きを読む >>

頭のツボ百会を使ったうつ病の治療

頭のてっぺんに百会(ひゃくえ)というツボがあります。このツボにはいろいろな効果・効能が伝えられていますが、うつ病や精神症状にもよく効くツボとして知られています。実際に、気分がすぐれない、うつ状態が続いている、なんだか落ち...

続きを読む >>

不眠症の鍼灸治療

寝つきが悪い、熟睡できない、夜中に目が覚めてしまうなど、睡眠に関する悩みを抱えている方は多いです。鍼灸は不眠症にも効果がありますが、体質や症状によって治療法や対処法が違ってきます。不眠には大きく分けて3つのタイプがありま...

続きを読む >>

怪我と鍼灸治療

怪我の治療鍼灸は慢性的な痛みの改善が得意ですが、怪我の治療にも役立ちます。傷の治りを早めたり、腫れを速やかにひかせることができることは、意外と知られていない鍼灸の効果です。当院でのけがの治療について、実際の施術例をいくつ...

続きを読む >>

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る