ぎっくり腰の鍼灸治療

ぎっくり腰でお困りではありませんか?

  • 腰が痛くて靴下が履けない
  • 腰が痛くて仰向けに寝れない
  • 朝起きる時が辛い
  • 夜ベッドの中で寝返りがうてない
  • 幼い子供がいるのに抱っこしてあげることができない
  • 仕事を休めないのに痛くてつらい
  • 何度も繰り返しぎっくり腰になっている

ぎっくり腰は突然起こる急性の腰痛です。症状はいきなりやってきますが、実は発症するまでには疲労の蓄積があります。

腰やお尻の筋肉に疲労がたまり、筋肉が強ばって柔軟性がなくなったところへ、ちょっとしたきっかけで「ぎくっ!!」となってしまいます。この時、腰の筋肉が捻挫を起こして、炎症が起こっていることが多いです。

放っておけば治ると考える人もいますが、痛めた筋肉の強ばりが残ってしまい、腰痛が慢性化したり、何度もぎっくり腰を繰り返す原因となってしまうことがあるので、きちんと治療する必要があります。

当院では、体質やぎっくり腰のレベルに合わせた治療を行い、速やかに治すとともに再発を防ぐための治療を行っています。

ぎっくり腰には鍼灸!!

当院にはぎっくり腰で来院する方が多いです。なったばかりのぎっくり腰が早く治るようにするため、あるいは、時間がたってもなかなか治らないようなぎっくり腰を治すため、鍼灸治療で大きな効果を上げています。

また、ぎっくり腰が癖になってしまい、何度も繰り返しているような状態の方も少なくありません。そのような方でも、数か月程度治療を継続することで、ぎっくり腰の起こりにくい状態にしていくことができます。

整形外科で行われるリハビリや、ほかの治療方法で治らなかった方が改善することも少なくありませんので、ぎっくり腰でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けて頂きたいと思います。

鍼灸によるぎっくり腰治療

発症したばかりのぎっくり腰は、炎症が起こって熱を持っていることが多いです。そのような場合、ズキズキとした強い痛みを感じ、温めると症状が悪化します。このようなぎっくり腰の症状には、まず炎症を鎮める治療を行うと、痛みが軽くなります。そして、数日経って落ち着いたころに、残った筋肉のこわばりを弛める施術を行います。このようにすることで、ぎっくり腰がスムーズに経過し、回復を早めることができます。

腰の治療は基本的に、うつぶせで行いますが、症状が酷い時には、横向きなど無理のない姿勢のまま行います。筋肉の強いこわばりが弛んでくると、うつ伏せも仰向けもできるようになります。

鍼やお灸は、刺激が強すぎたり、逆に弱すぎてもの足りなかったりしないよう、体質に合わせて調整して行います。刺激は強ければいいというものではなく、逆に弱すぎても効果がありません。同じような原因で生じたぎっくり腰であっても、元々の体質や体の強さによって治療法や刺激量を変えなければいけません。そういったことを踏まえて、体質に合わせた治療をオーダーメイドで行うのが、当院の鍼灸の特徴です。

繰り返し起こるぎっくり腰

何度もぎっくり腰を繰り返してしまうような人がいます。そのような人の多くに、腰の周囲にシコリ状のこわばりがあります。

鍼とお灸を丁寧に使い、そのシコリを弛め、正常な筋肉にしていくことで、ぎっくり腰の再発を防ぐことが出来ます。このような頑固なコリやシコリを確実に弛め、正常化することができるのは、鍼灸の際立った特徴です。

また、ぎっくり腰を繰り返す人は腰の筋肉が弱っていることも多いです。そのような人は、筋トレなどで鍛える前に、慢性化した筋肉の強ばり、固さを解消しておかなければなりません。筋肉の強ばりを持ったまま運動してしまうと、余計に腰を痛めやすいからです。また、動きの悪い部分を他の筋肉がかばってしまうので、バランスよく腰の筋肉を鍛えることができず、かえって悪化させてしまうことも少なくありません。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は正式な病名ではなく、急に起こった腰痛に対する俗称のようなもの。実際の病態や原因は、様々です。

中には脊椎の骨折や椎間板ヘルニアなど、背骨に問題が起きていることもありますから、症状が重い場合は一度整形外科で精密な検査を受けておいた方がいいでしょう。しかし多くのばあいは、腰の筋肉や関節が捻挫を起こし、炎症が起こっている状態です。そして痛めた部位に対する防御反応として、周囲の筋肉が強く緊張して、強い痛みや「動けない」という症状が現れています。

多くのぎっくり腰患者さんを施術してわかることは、同じような症状であっても、その原因は様々であるということ。肉体労働などで腰を使いすぎてぎっくり腰になる方もいれば、長時間の運転や座りっぱなしの仕事など、腰を動かさない時間が続いたことで、ぎっくり腰になる人もいます。

また、産後のぎっくり腰などは、妊娠中からあまり動くことができず、筋力や体力が低下したなかで生じるぎっくり腰です。これに腰の疲れだけでなく、貧血なども関係しています。また、強いストレスや怒りの感情が原因で起こることもあると言われており、精神的な影響も少なからずあります。

症状としてはどれも腰が痛くて動けないのですが、どのような状況で発生したぎっくり腰かによって、治療方法は変えなくてはいけません。当院ではもちろん、その方の状態に合わせた治療方法を選択し、慎重に施術を行っています。

ぎっくり腰に共通するのは

しかし、どのような原因で生じるぎっくり腰であっても、結果として腰の筋肉や関節に疲労が蓄積され、固くこわばっていることがほどんどですから、多くの場合は、こわばった筋肉を弛めて、強く柔軟な腰の筋肉を作ってあげることで、痛みは改善してきます。それには、腰の深いところまで届く鍼の刺激と、お灸による血流促進効果を適切に組み合わせて使うことが、非常に有効なのです。

また、全身的な体質改善の施術を行うことで、ぎっくり腰が起こりくい体質を作っていくことも可能です。急になってしまったぎっくり腰にも、慢性的に繰り返しているぎっくり腰でも、きちんと治療を行えばかなりの確率で治すことができます。(※ただし、治療効果には体質や病歴などによって個人差があります)

ぎっくり腰は放っておいても自然に治ると思われる方も多いですが、痛みがなくなった後も、長期にわたって筋肉の強ばりが残ってしまうことが多いのです。それを放置すると腰痛が慢性化したり、ぎっくり腰を再発する原因となります。

ですから、当面の痛みや症状を消すことだけでなく、将来再発しにくい状態にまでしっかりと治した方が良い。当院ではぎっくり腰の痛みをとるだけでなく、再発しにくい腰の状態を作るところまでが治療だと考えています。

ぎっくり腰でお困りの方、繰り返すぎっくり腰を本気で治したい方は、ぜひ当院にご相談ください。