腓骨神経麻痺

腓骨神経麻痺とは

このような症状でお困りではありませんか?

  • 膝から下の外側が痺れている
  • 足首の関節がうまく動かない
  • 足首が下にだらんと垂れたようになってしまう

このような症状は、腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)と呼ばれます。腓骨神経麻痺は、膝から下に走る神経が傷ついたり、圧迫されて発症します。骨折や怪我で神経が切断されたり、傷ついていなければ、腓骨神経を圧迫している原因を取り除くことで、治すことが出来ます。

神経の圧迫による麻痺であれば、圧迫している要因を取り除くことで改善します。鍼灸によって腓骨神経の血流を改善することは、腓骨神経麻痺を治すためにも有効です。

腓骨神経麻痺の原因は?

腓骨神経麻痺は、足の神経麻痺の中では最も頻繁に見られる症状です。腓骨神経は、腓骨頭(ひこつとう)という、膝の外側に出っ張っている骨の近くを走行していて、圧迫されやすい場所にあるからです。

また、腓骨神経麻痺は、ギブスやけん引架台による圧迫などの、病院での治療の際に引き起こされることも多いと言われています。他に、足の怪我や骨折によって神経が傷ついたり、腫瘍によって神経が圧迫されていることもあります。

腓骨神経麻痺の鍼灸治療

圧迫や外傷が原因の腓骨神経麻痺は、その程度にもよりますが、多くは予後が良好です。鍼灸治療で筋肉のこわばりを緩め、深いところまで血流を促すことで、回復にかかる時間を大幅に早めることができます。

鍼灸は傷ついた神経の再生を促す効果があることも、科学的に確かめられていますから、怪我や骨折などによって神経が傷ついてしまった場合でも、回復を促す効果が期待できます。

もちろん、骨折や脱臼、怪我などで神経が傷ついている場合には、病院での治療が優先されます。怪我が治り、病院での治療が終了した後にも残ってしまった神経麻痺などは、鍼灸治療を続けることで回復しやすくなります。

ただし、椎間板ヘルニアや坐骨神経の障害など、より体幹に近い根本の部分で神経が障害されていることもありますから、腓骨神経麻痺の症状がどこから生じているのか、慎重な鑑別が必要です。