藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

怪我と鍼灸治療

怪我の治療

鍼灸は慢性的な痛みの改善が得意ですが、怪我の治療にも役立ちます。

傷の治りを早めたり、腫れを速やかにひかせることができることは、意外と知られていない鍼灸の効果です。

当院でのけがの治療について、実際の施術例をいくつかご紹介しましょう。

症例1

指の剥離骨折

ある女性患者さんは、転んだ拍子に指を痛めてしまいました。

人差し指が痛み腫れ上がってきたため、病院に行ったところ、指関節の剥離骨折だという診断を受けました。

病院では固定し、抗生物質を処方されましたが、仕事がら指を使わないわけにいかないので、何とか早く治すことができないかと当院を受診しました。

施術をした翌日には腫れが引き、痛みも大幅に軽減。

医師は全治1か月を予想していましたが、半分の2週間ほどで治ってしまいました。

骨折などで腫れを伴うけがの治療には、まず炎症を鎮めて腫れを引かせる施術をします。

これを行うと翌日には腫れが引き、痛みも大幅に軽減します。

そして怪我が治りやすいように関連したツボに鍼とお灸で活性化し、血流を促して治癒を促します。

症例2

噛み傷

ある女性は飼い猫に手を噛まれてしまいました。

脱走して興奮した猫を捕まえようとしたところ、ガブリとかみつかれたそうです。

傷は深く、噛まれた後はパンパンに腫れ上がっていました。

怪我をした翌日に当院を受診しましたが、腫れを引かせる施術を行ったところ、翌朝には家事ができるまでに回復。

噛み傷は化膿や感染症が恐いので、化膿止めと免疫強化の作用があるツボにもしっかりお灸をしました。

その後もスムーズに回復し、傷跡も残らずに済んでいます。

開放性(傷が開いて出血している)の傷は治るまでにお灸をしておくと不思議と痕が残りにくく、きれいに治ります。

このように鍼灸は慢性症状だけでなく、外傷などの急性症状にも効果のある治療法です。

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る