藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

疲れ目の鍼灸治療


鍼灸は、疲れ目や眼精疲労によく効きます。

パソコンなどで目を酷使すると、目とその周囲の筋肉などに慢性的な疲労がたまり、筋肉が緊張し、血液循環が悪くなることで起こります。

晴明、攅竹、太陽、四白など、疲れ目に効果のあるツボを有効に活用して、目とその周囲の血液循環を活性化することで、即効的にすっきりとします。

現代人は仕事でもプライベートでも、パソコンやスマホのディスプレイを長時間見る生活が普通です。

このような場合、目がまったく疲れないということは現実的に難しい。

しかし、長期的に疲れを放置していると、視力低下、頭痛、肩こり、それに伴う自律神経失調など、さまざまな不調の原因になります。

目を酷使せざるを得ない方は、定期的に鍼灸で溜まった疲れを解消することをお勧めします。

疲れ目の治療と言っても、当院では目の周りだけに鍼をするわけではありません。

目の周囲のツボだけでもかなり疲れを解消できるのですが、それと合わせて、全身的な施術を行っていきます。

目が疲れると、同時に緊張してくる部位があります。

それは、側頭部、後頭部、首、肩、背中などです。

また、東洋医学では、目を酷使すると血液を消耗すると考えています。

それは肝臓の負担になり、肝臓関係の症状、心臓関係の症状などの原因にもなるのです。

ですから、肝臓や心臓を活性化するツボを併用し、全身的にアンバランスな状態に陥らないように施術していきます。

このようにすることで、疲れ目の治療は全身的な予防、バランス回復の機会に高められます。

もちろん、このような全身的な治療を行ったほうが、眼精疲労の回復もスムーズになりますし、効かも長持ちします。

慢性的な疲れ目、眼精疲労でお悩みの方は、ご相談ください。

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る