藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

熱が出たときは

風邪をひいて発熱した時、どのように対処していますか?

たかが風邪、されど風邪、、

ご本人にとっては結構つらいものです。

多くの方が、市販の風邪薬を飲んだり、病院で解熱剤や抗生物質をもらったししていますよね。

でも、風邪による発熱については、ちょっと違う見方があるということをご紹介します。

そもそも、風邪をひいて熱が出るのは、なぜでしょうか?

ウイルスが身体に入り込んで、それと戦うために、免疫細胞を活性化させる必要があります。

免疫細胞は体温が高い方が活発に働きます。

そこで、身体は体温を上昇させて、自己免疫力を一時的に強化しているんです。

つまり、風邪の時の発熱は、ウイルスと闘うため。

決して悪いことじゃないんですね。

喉が痛くなったり、鼻水が出たりするもの、喉や鼻の付近にある免疫器官でウイルスの侵入をくいとめている証拠なんです。

だから、安易に薬で熱を下げたり、炎症を抑えたりしないほうがいいんですよ。

もし、極端に体力が落ちている人が風邪をひいてしまったら、そうはいかないかもしれません。

風邪が悪化して肺炎になり、命にかかわることだってあります。

でも、若い人や元気な人が日常で引く風邪は、薬など使わなくてもあったかくして寝ているだけで治るもの。

そのような時は、あえて薬を飲んだりせず、お休みを取って休んでください。

その際のポイントは、よく温めること、水分を取ること、食欲があれば卵など栄養のあるものをきちんと食べることがお薦め。

そうすることで身体がウイルスと戦うことを助けることができます。

また、ビタミンCやマルチビタミンなどの、ビタミン剤をちょっと使ってもいいかもしれません。

ウイルスとの戦いで、身体は多くの栄養素を必要としているので、特にビタミンCなどを補ってやると、風邪からの回復が早くなります。

実は、風邪による発熱にも、鍼灸は効果があります。

鍼灸は身体の働きを促す作用しかありません。

だから、発熱を抑えたり、免疫反応を抑えたりすることはできないのですが、

発熱した結果、熱が正常に発散されず、症状が悪化しているような状態に作用して、

風邪が治癒する経過をスムーズに、早めることができます。

風邪がなかなか治らない時、早く治したい時などは、

市販のお薬を飲むより、一度鍼灸の施術を受けてみるといいですよ。

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る