藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

過食症

近年、過食症などの摂食障害に悩む人方が増えています。

過食症は、食べても食べても満足できず、お腹がいっぱいで苦しくても食べてしまう症状です。

食べてしまうことに強い罪悪感を覚え、吐いてはまた食べる『食べ吐き』を繰り返す方もいます。

また、過食と拒食と繰り返すケースもあります。

一般的に原因不明の精神疾患だとされていますが、栄養欠乏が原因となっているケースも少なくありません。

栄養欠乏があると欠乏感から食べたい欲求が出ますが、食べたものが栄養的必要を満たせなかった場合、欠乏感がなくならず、とめどなく食べてしまいます。

このようなタイプの過食症では、甘いものや炭水化物など『糖質』ばかりを食べ、肉や魚、卵などの動物性食品の摂取が少ないという特徴があります。

日常的に血糖値を乱高下させること、砂糖などの甘味料の依存性、そのような食生活に伴う栄養欠乏などが合わさって、過食衝動を生みだします。

このような、栄養欠乏が原因の過食症は、栄養のある動物性食品を中心にしっかりとした食事をすることで治すことができます。

その際、砂糖などの甘いものを極力とらないようすることが大事です。

しかし過食症などの摂食障害は、単に栄養欠乏だけが原因とは限りません。

何らかの心因的なストレスを、食べる、吐くといった行為で発散させている場合は、もう少し難しいものです。

このような患者さんに対する鍼灸でのアプローチは、次のようなものです。

心因性の病気も、病んでいるのは心だけではなく、身体にあらわれています。

たとえば、首肩、背骨の深層筋肉に強い凝りやこわばりがみられることが多いです。

鍼灸でこの筋肉のコリをほぐしていくと、精神面でも変化が見られます。

このような施術と同時に、しっかりとした栄養をとる栄養療法を行っていくことで、過食症などの摂食障害を改善することができます。

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る