藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、坐骨神経を圧迫されることが原因で、足から腰、背中にかけて起こる痛みやしびれが生じます。

約80パーセントが腰椎椎間板ヘルニアが原因だといわれています。

椎間板は、腰の骨と骨の間にあるクッションです。

これは、ゲル状の髄核とその周囲の繊維輪からなっています。

椎間板ヘルニアでは、この繊維輪の一部が破れて、中の髄核が飛び出してしまいます。

飛び出した髄核や、破損した繊維輪の一部が神経に触れ、圧迫すると、その神経の走行に沿って痛みやしびれが現れます。

坐骨神経痛の多くは、坐骨神経の走行に沿ってこの症状あらわれたものです。

症状の始まりは様々で、床の荷物を持ち上げるとか、ちょっとした動作であることも多いです。

突然腰に強い痛みを覚え、おしり、太もも、ふくらはぎにまで放散し、痛みのために動けなくなることがあります。

一回の外傷で悪化することは少なく、多くの場合、日常生活で繰り返す小さなダメージが蓄積した結果起こります。

このような状態になる背景には、腰の骨を支える周囲の筋肉や組織の劣化、弱体化があるといえます。

ヘルニアの他に、原因として、臀部の深層にある梨状筋などの坐骨神経をはさむ形で存在する筋肉の異常があります。

これは梨状筋症候群と呼ばれ、腰椎や椎間板に問題がなく、梨状筋の緊張によって坐骨神経を圧迫することで起こります。

梨状筋症候群としての坐骨神経痛の場合、多くは梨状筋やその周辺の筋肉の緊張を緩めると、坐骨神経の症状が改善します。

他に、腰部に腫瘍ができて神経を圧迫するケースもあり、腫瘍がある場合は、外科的な処置を必要とします。

このように、坐骨神経痛は様々な原因から起こります。

坐骨神経痛に対する鍼灸治療は、基本的に、腰を支える筋肉や組織の血液循環を良くし、筋肉の緊張を緩めることで効果を発揮します。

また、太ももやふくらはぎなどの関連した部位にあるツボを刺激することで、直接患部を刺激することなく治療する子が可能なケースもあります。

腰椎のヘルニアが原因の場合、回復にはある程度の時間がかかりますが、ヘルニアが起きている周囲の筋肉の働きを正常化することで、回復を促すことができます。

梨状筋症候群など、筋肉の緊張が直接的な神経圧迫の原因となっている場合、即効性が期待できます。

緊張を緩めて神経圧迫がとかれると、多くの場合は、その場で痛みやしびれが解消します。

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る