藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

腓骨神経麻痺

腓骨神経麻痺は、足の神経麻痺の中では最も高頻度に見られる症状です。

腓骨神経は、腓骨頭という骨に接して走行するため、圧迫を受ける機会が多いからです。

特に、手術中の麻酔科での圧迫、ギブスやけん引架台による圧迫など、医源性に引き起こされることも多い症状です。

腓骨神経麻痺の症状

症状として、下腿(膝から下)外側~足背の感覚障害がでます。

また、足首の関節が動かなくなり、背屈不可能になります。

下垂足といって、足首が下にだらんと垂れたような状態になることがこの神経麻痺の特徴です。


腓骨神経麻痺の鍼灸治療

圧迫や外傷が原因の腓骨神経麻痺は、その程度にもよりますが、多くは予後が良好です。

鍼灸治療で筋肉のこわばりを緩め、血流を促すことで、回復にかかる時間を大幅に早めることができます。

鍼灸では比較的対処しやすい症状の一つです。

このような神経麻痺でお困りの方は、ご相談ください。

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る