藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

尺骨神経麻痺

腕神経そうと呼ばれる、腕に至る神経の中で一番大きいのが尺骨神経です。

この尺骨神経を圧迫などで障害されるとが、尺骨神経麻痺の原因になります。

怪我や骨折、何らかの原因で強く圧迫されて起こることが多い症状です。

尺骨神経麻痺になると、鷲手と呼ばれる独特の症状が現れます。

指の第一、第二関節が屈曲し、指の付け根の関節は伸びた状態になります。

鷲手の状態になると、手指の細かい運動や、物を握ったり持ったりすることに障害が現れます。


外傷や圧迫が原因の場合は、傷が回復し、圧迫の原因が取り除かれると症状も回復してきます。

尺骨神経麻痺に対する鍼灸治療

尺骨神経麻に対して、鍼灸治療で回復を早めることができます。

治療内容は何が原因になっているかによって違ってきますが、多くの場合、筋肉のこわばり、血液循環の悪化、組織の硬化を伴っています。

鍼灸で血流を促し、堅くなった組織の再生、硬直した筋肉の弛緩させることで、このような不快な症状を短期間で治癒に導くことが期待できます。

尺骨神経麻痺は、鍼灸で対処しやすい症状の一つです。

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る