藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

橈骨神経麻痺

橈骨神経麻痺とは、手の頭骨神経が骨折や圧迫などの物理的な要因により、障害を受けることで起こる症状です。

具体的には、怪我などの外傷、骨折、睡眠中に圧迫する睡眠麻痺などが原因となる例が多いです。

俗称として、ハネムーンシンドロームなどとも呼ばれています。

中には腫瘍が神経を圧迫しているケースもあるため、その場合は早期の手術が必要なこともあります。

明らかな原因が見つからない場合、保存療法として、しばらく様子を見ることが多いです。

神経が炎症を起こした神経炎の場合は、数か月で回復することが多いです。

神経の圧迫が原因の場合は、予後良好で、多くの場合が回復します。


鍼灸はこのような神経麻痺にも、比較的良く効きます。

鍼灸は筋肉の緊張をほぐし、血液循環を効果的に促し、神経の炎症を鎮めることができます。

そのため、橈骨神経麻痺の症状を長引かせないために役立ちます。

軽く見て症状を放置すると長引くこともありますので、一定期間の治療を受け、完治させることが大切です。


はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る