藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

夜泣き

育児が大変な理由のひとつに、夜泣きが挙げられます。

お子さんの夜泣きの多くは『母乳の栄養不足』と『過剰な緊張』が原因です。

特に母乳の栄養不足は夜泣きだけにとどまらず、順調な身体の発育にも影響するので深刻な問題です。

当院では、まずお子さんの身体の緊張を緩めるために、全身の小児はりと背中へのお灸を行います。

しかし月齢の小さい子ほど見知らぬ人や見知らぬ所への警戒が強く、なかなか治療院での施術だけでは効果が出ません。

そのためご家庭でできる手当て法をお母さんにお伝えすることで、お風呂あがりなどお子さんのリラックスしているときに手当てをしてもらいます。

しかし何より重要なのは『お母さんの食事』です。

寝不足で辛いお母さんの身体も、母乳を飲むお子さんの身体も、どちらもお母さんが食べたものでできています。

重労働のお母さんと成長真っ盛りのお子さんの2人分食べなくてはいけないのですから、必要な栄養がしっかり取れるようにかなり意識して食べなくては間に合いません。

どういった栄養が必要なのか、そのためには何を食べたらよいのか。具体的にお話いたします。

しっかり食べれば夜泣きもおさまるし、お母さんの身体もどんどん楽になりますよ。

離乳食についても、一般的にはいろいろと誤解が多いようです。

胃腸など内臓機能が未熟なお子さんに与える食事の内容には、十分気を付ける必要があります。

授乳中のあかちゃん、幼いお子さんを治療する場合、鍼灸の施術だけでなく食生活の見直しが必要なケースがとても多いです。

逆に言えば、当院を受診することをきっかけに、長期的に健やかな発育を促すことにつながります。

育児に悩みやトラブルを抱えている方は、お気軽にご相談ください。


はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る