藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

緊張型頭痛

緊張型の頭痛は、コリや筋肉の緊張、過度なストレスが原因で起こります。

無理な姿勢や、長時間のパソコン作業、精神的ストレスなどが重なると、肩や首のコリ、目の周りや頭部の緊張が生じます。

それによって、頭部の血流が障害されて起こると言われています。

頭の周りを何かで締め付けられるような症状が、1時間~1週間くらい続くことが多いようです。

後頭部や前頭部など、頭の一部分が痛むこともあります。

時々この症状が起きる人もいれば、慢性的に、いつも痛みを抱えている人もいます。

ズキズキとした血管の拍動を感じる『偏頭痛』とは、少しタイプの違う頭痛です。

緊張型の頭痛の患者さんの多くは、頭部から首、型、肩甲骨の間にかけて、慢性的な強い緊張やこわばりがあります。

鍼灸では、その緊張を緩め、血流を促すことによってこの症状を治療します。

鍼灸の主な効果は『血液循環の改善』にあり、速効性があるため、この緊張型の頭痛の治療には適切な方法であると言えます。

当院では、緊張型頭痛の患者さんの約9割が、1~3か月程度の通院で大幅に改善しています。

ただし、『完治』させるにはもう少し時間が必要なことが多いです。

なぜなら、慢性的な頭痛のほとんどは、その方の体質が原因で起きてくるからです。

慢性的に緊張してしまう状態、慢性的に血液循環が滞ってしまう状態を治すには、一時的に緊張を緩めるだけでは不十分です。

姿勢の癖を修正して身体のバランスを取り、内臓の働きや新陳代謝を高めていくことが、根本的な解決につながってきます。

一時的な症状緩和はもちろん、頭痛が起きない健康な状態を作ることが大切です。

普段の食事や生活習慣の改善、姿勢を治すために注意するポイントなど、個別にその方に合ったアドバイスをすることで、治療効果を高めています。

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る