藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

冷え症

東洋医学では、「冷え」という症状を万病のもとだと考えています。

身体が慢性的に冷えた状態になると、血流が悪くなり、老廃物がたまりやすい状態になります。

この状態を長期間放置すると、細胞が老化、変性して、病の原因になります。

また、腰痛や肩こり、手足の痛みやしびれなどの症状にも、冷えは関与している場合があります。


では、冷えとは何でしょうか?

冷えとは、簡単に言うと、身体の活動が不活発になった状態です。

身体は、よい状態にある時は活発に活動し、熱を生産します。

その熱が血流に乗って全身に行き渡ることで、手足の先など身体の末端まで、細胞の活動に適した温度に保たれるようになっています。


身体は主に、肝臓、筋肉、胃腸の活動から、熱を作り出しています。

そして、その熱を全身に行き渡らせているのが、血液です。

ですから、長期間筋肉を使わない生活をしたり、内臓の働きが不活発になったり、血液循環が悪くなると、冷えという症状が現れてきます。

このように、冷えという状態は、不活発になってしまった身体の状態をあらわす重要な信号です。

長年冷え症に悩んでいる方は多いと思います。

冷え症は、その方の体質や長年のライフスタイルの結果起きる症状なので、その改善は簡単ではありません。

もしあなたが、慢性的な冷えに悩んでいなら、生活習慣の改善とともに、鍼灸を取り入れてみることをお勧めします。

定期的に鍼灸を受けることで、身体は活発な活動を取り戻し、冷えという状態から抜け出すことができます。

鍼灸は、血液の流れを活発にし、筋肉や関節のコリを緩めて動きやすい状態にし、ツボを刺激することで内臓の働きを高めることができます。

これらの鍼灸の作用は、冷えの原因に直接働きかけるので効果が高いのです。

とはいえ、冷えの改善には、冷えを生みだした生活習慣の改善が必要です。

当院では、ご自分でできる改善法の指導にも力を入れていますので、お気軽にご相談ください。

藤沢 茅ケ崎 平塚 横浜 鎌倉地域の鍼灸は、 鍼灸専門のはりきゅう丙辰堂治療院にお任せ下さい


はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る