藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

痛風


痛風になると、足の親ゆびの付け根の関節が赤く腫れて痛みます。

強い痛みが発作的に現れますが、たいていの場合、1週間から10日ほどで次第に治まってきて、しばらくすると症状がなくなります。

ただし油断は禁物です。
半年から1年たつと、また同じような発作がおこることが少なくないからです。

そして発作を繰り返すうちに足首や膝の関節まで腫れはじめ、次第に発作の間隔が短くなってきます。
このころになると、関節の症状だけでなく、腎臓などの内臓が侵されます。

このように痛風には「激しい関節の痛み」と「静かに進行する内臓の障害」という2つの側面があります。

じつは痛風にかかるのはほとんどが男性(98%以上)です。

痛風の原因は、血液中に尿酸という物質が多くなることにありますが、女性ホルモンには腎臓からの尿酸の排泄を促す働きがあるので、女性はかかりにくいのです。


鍼灸は痛風の痛みにも効果があります。

痛む部位に鍼やお灸をして、その熱を抜くような治療をします。
すると炎症がおさまり、新陳代謝が活発になって結晶化した尿酸の排せつを促すことが出来ます。

しかし、痛風はもともと食生活が原因で起きる病気ですから、鍼灸で症状の緩和をするだけでは不十分だと言えるでしょう。

痛風で痛い思いをした方は、それが食生活を見直してほしいという身体からのサインだと思って、食習慣の改善に取り組むことをお勧めします。


藤沢 茅ケ崎 平塚 横浜 鎌倉地域の鍼灸は、 鍼灸専門のはりきゅう丙辰堂治療院にお任せ下さい


はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る