藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

五十肩

五十肩は、40代~60代までに起こる、肩から腕にかけての痛みと運動障害が主な症状です。それよりも若い世代、あるいは70代以上の高齢者には稀にしか起こらないと言われています。

使いすぎによる疲労や、事故などが原因になることもありますが、その多くは特別なきっかけもなく発症します。

特徴
五十肩の症状として特徴的なことは、
●「肩から腕にかけての痛み」
●「腕の動きが制限されること」
の2つです。

痛みはある日突然くることも、じわじわとくることもあります。
どちらかといえば後者が多く、前者はそれほど多くはありません。
痛みと同時に肩の腫れや熱っぽさを伴うこともあります。

痛む場所は肩から上腕(二の腕)にかけてが多く、初めは肩を動かすときに痛むだけですが、症状が進むと、動かさなくても肩がうずくように痛み、思うように腕が上がらなくなります。

そして、ひどい痛みが治まってからも長期間肩を動かしにくい状態が続きます。
炎症は時間が経つと治まってくるのですが、その過程で線維性の物質が出てきて、肩関節の周囲に癒着が起こり、肩の動きが悪くなってしまいます。
また、左右の肩に同時に発症することは少なく、ほとんどはどちらか一方の肩に起こります。
ただし、左右が時期をずらして発症するケースもあります。


運動制限
腕を前や横から真上に上げる。腕を外や内にひねる。
五十肩になると、特にこれらの動作が制限されます。
痛みをこらえれば腕がひと通り動かせるという場合は、五十肩とはいいません。
痛みだけだと紛らわしい病気は多々ありますから、運動制限があるかないかが五十肩を見分ける大事なポイントです。


自然に治る 
五十肩は、時間がたつと自然に治るというのも特徴もあります。
期間は半年から1年程度と個人差はあるものの、通常、痛みの症状は自然に治まってきます。

ただし詳しくく検査してみると、肩の動きは元通りにはならない場合も少なくありません。
放置しておくと運動障害が残ったり、後々再発する可能性もあるので、適切な治療が必要です。


鍼灸による五十肩治療
五十肩を鍼灸で治療すると、この自然に治るプロセスを大幅に早めることができます。
しかも、しっかり治療しておけば再発や後遺症も防ぐことができますので、鍼灸が特に有効な症状の一つです。

つらい五十肩でお悩みの方には、早めの鍼灸受診をお勧めいたします。


藤沢 茅ケ崎 平塚 横浜 鎌倉地域の鍼灸は、 鍼灸専門のはりきゅう丙辰堂治療院にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る