藤沢で慢性的な痛みを改善するなら鍼灸専門の丙辰堂にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

各症状と施術例

肩こり

日本人の多くに、慢性の持病として肩こりがあると言われています。
現代では肉体労働が減り、ほとんどの人がデスクワークです。特にパソコンが普及してからは長時間同じ姿勢で画面をみながら作業する事が非常に多くなりました。 椅子に座っている姿勢で画面を凝視し、キーボードを叩いたり、マウスを操作したりする動作は肩に力が入ったまま動かないため疲れがたまりやすく、早めのケアがとても大切です。

デスクワーク以外の人も、肩こりに悩まされることは少なくありません。
肩は身体の中でも疲れのたまりやすい、血流の滞りやすい場所だからです。

東洋医学的には、肩や首は、経絡という気の通り道が交わる重要な場所です。
肩がこるということは、全身の気血の流れが悪くなっているしるし。

肩だけではなく全身を適度に動かして、循環を良くしてやることが重要です。

鍼灸治療では、肩こりを治すために、頭部、首、腰、背中、腕、足、お腹の状態まで考慮に入れて治療します。
肩こりの真の原因は一様ではなく、肩だけを治療しても治らないことが多いからです。

肩こりは全身のバランスを取ることで根本的に治療することが必要な、代表的な症状です。
肩こりが気になってきたら全身に疲れがたまってきたということ。
肩こりをお身体のケアの指標としてとらえると、自己管理が上手になります。

藤沢 茅ケ崎 平塚 横浜 鎌倉地域の鍼灸は、 鍼灸専門のはりきゅう丙辰堂治療院にお任せ下さい

はり・きゅう 丙辰堂治療院

ページ上部へ戻る