灸治療について

はり・きゅう丙辰堂のお灸は、熱くない!気持ちいい!

灸治療で特におすすめな症状は、

  • 冷えを伴う症状
  • 慢性的な痛み
  • しびれ

また、一定期間継続することで貧血や冷え性などの体質改善、不妊症や生理痛など女性特有の疾患にも効果的です。

灸の効果

お灸は病の原因となる「冷え」を解消する効果があります。東洋医学では、多くの慢性痛の原因が「冷え」にある考えています。冷えとは、ただ「冷たくなった」ことを言うのではなく、慢性的に血行が悪くなった状態。身体の一部が弱ってしまい、働きの悪くなった状態が冷えなのです。

実際に、痛みや不調の多くは、そのようなところに現れます。ですから、温めて楽になるような症状の原因は、冷えと関連しています。お灸は、冷えた部分を温めて血行を良くするほか、細胞に直接エネルギーを与えます。

お灸に使う艾(もぐさ)は、よもぎの葉を精製して作られています。よもぎのエキスには薬効があることが知られています。非常に生命力の強い野草ですが、その葉を燃やすことで、皮膚から直接エネルギーを与えるのです。お灸によって自然界のエネルギーをもらった細胞は元気になり、新陳代謝が活発になります。冷えやコリがひどくなり、部分的に滞っていた生命活動がまた活発になります。

東洋医学でお灸は「血の病」に用いるとされています。つまり、赤血球や白血球など血液の細胞を活性化することができるので、健康を増進し、免疫力を全般に高めることに役立つのです。ただ温めるだけな、お灸以外にもいろいろな方法がありますが、電気などであたためるよりも、お灸の方がずっと効果があります。

もぐさを燃やして発生する自然なエネルギーは、身体に浸透する力が強いからです。

当院で使用している灸について

お灸は「もぐさ」をツボの上で燃やして、気血のめぐりを良くする治療法です。基本的な作用は、温熱効果と有効成分のチネオールによる薬効ですが、燃やした時の香りも自律神経に作用すると言われています。お灸にはいろいろなタイプがありますが、当院では次の6種類の方法を体質や症状に合わせて、適宜使い分けています。

●点灸(てんきゅう)
米粒の半分ほどの小さなもぐさです。

●知熱灸(ちねつきゅう)
小指の先ほどのもぐさです。

●竹の輪灸(たけのわきゅう)

当院が得意とする、ちょっと特殊なお灸です。むくんだ足に使うとむくみが取れてすっきりし、疲れのたまった腰、肩、背中に使うと何とも言えない気持ちよさを感じ、コリが緩みます。これでお顔をマッサージすると、美容効果もあります。

●灸頭鍼(きゅうとうしん)

患部に鍼を刺したまま、鍼の上でもぐさの玉を燃やしていく方法です。高い技術を必要としますが、当院では要所要所に灸頭鍼を使い、効果を上げています。鍼の効果とお灸の温熱効果が合わさり、身体の芯までとろけるような気持ちよさがあります。

●棒灸(ぼうきゅう)
棒状のもぐさを冷えた部位に固定し、10~30分ほどかけてじっくりと温めていくお灸です。

●箱灸(はこきゅう)
専用の箱の中でもぐさを燃やして、腰や背中などの広い面積を温めるために使用します。鍼の刺激に弱い方、強い刺激に向かない方などは、体質改善のために重要な腰やお腹などの部位を箱灸でじっくり温めることで身体を活性化します。

身近に利用できるお灸

お灸は「冷え」を解消する作用が強く、しかもご家庭で使うことができます。もし「冷え」を解消することができれば、健康上の多くの問題はなくなるはずです。

当院では、ご自分で安全にできる灸法や、どのツボを使えば効果的かなど、患者さんに合わせた指導もしていますので、積極的にお灸を活用して下さい!もぐさや台座灸の院内販売もしています。(※台座灸とは…「千年灸」などの商品として市販されている、安全で使いやすいお灸です。)

<院長より一言>

長いあいだ痛みや不調で苦しんできた方は、それが治ったら何をしたいか、想像してみてください。

原因のはっきりしない慢性的な痛みは、病院で「一生治らない」と言われてしまい、あきらめてしまっている方も多いのが現実です。しかしお灸を有効に活用することによって、そのような辛い慢性症状が改善した例も少なくありません。痛みが解消すると、気持ちも前向きになり、活動的になって、より毎日を楽しめるようになります。はり・きゅう丙辰堂治療院で、そんな毎日を、今度はあなたが取り戻しましょう。